2007年06月15日

レーザー脱毛

レーザー脱毛
レーザー脱毛レーザーだつもう)とは、

レーザー光が特定の色に吸収されるという特性を用いた、脱毛方法のひとつ。

レーザーの種類としては固体レーザーとなる。

照射には医師免許が必要とされるが、

エステティックなどでも使用されているため、

クリニックでの照射を医療レーザー脱毛と区別して呼ぶこともある。

レーザー脱毛
最近のエステティックサロンでは、レーザー脱毛が日常的に行われているようであるが、

基本的には医師免許のない者が脱毛行為をする事は医師法違反となる。

2001年(平成13年)11月8日付けの厚生労働省医政局医事課長名の

「医師免許を有しない者による毛行為等の取扱について」では、

医師でなければ出来ない行為として以下の3項目を記している。

用いる機器が医療用であるか否かを問わず、

1.レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を根毛部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為。

2.針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為。

3.酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、しわ、しみ等に対して皮膚剥離を行う行為。

脱毛だけでなく、上記の施術を受ける場合は信用のおける施設を選ぶ事が必要である。(脱毛、レーザー脱毛 - Wikipediaより)

レーザー脱毛
posted by 脱毛 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | レーザー脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。